使用しているインターネットブラウザは古くなっていますので、ブラウザをアップグレードすることをおすすめします Mozilla Firefox or Google Chrome X

基板製造に必要なデータ

製造見積ご依頼の際に必要な情報

各種サービスをご利用いただく上で、ご注文を迅速に対応するために必要なデータの一覧が下記内容通り、サービスをご利用する前にご参考してください。

● レイヤ数

● 基板厚と基板サイズ

● 銅箔厚

● 最小パターン幅・間隔

● 最小ドリル穴径

● 最小アニュラリング

● 表面処理

● ソルダーレジスト&レジストカラー

● シルクスクリーン&シルクスクリーン色

● プリント基板ガーバーファイル

※Web自動見積注文フォームで入力、またはアップロードした内容にて基板規格が決められますので、必要のないファイル(規格書と説明書など)が不要です。

見積依頼の際、「基板タイプ」で「パネライズ(面付け)」を選んだ場合、1枚のプリント基板に同種基板、異種基板を複数面付けすることとなります。

この作業ではルーター/ミシン目/VCutなどで作成します。


対応できるデータ形式

PCBCartでは、必要なデータが揃ったらお客様の要望通りにPCB基板の製造ができます。

対応可能なデータ形式:

①Gerber RS-274X,

②.pcb/.ddb,

③.brd

④Eagleファイル

⑤BOMファイル(実装サービスのみ)

※お勧めデータ形式はGerber RS-274X


PCBCartでは、別形式のファイルをRS-274Xフォーマットに転換できますので、ご利用が必要なお客様は下記情報をご提供してください:

● 明確なレイヤ数&レイヤ配布

● ドリル径
● ドリルファイル

● ドリルリスト

● ソルダーマスク

シルクスクリーン

※十分に情報を示すため、ドリルファイルとドリルリストは必須。

基板製造、実装、部品調達まで一貫体制のサービスをご利用するお客様は、PCB 製造サービスのファイルと、部品リスト(BOM)のご提供が必要となります。


基板製造・お見積はこちら

部品実装・お見積はこちら


サポート